HOME>オススメ情報>住宅ローンの返済ができなくなったら任意売却という手もある

住宅ローンの返済ができなくなったら任意売却という手もある

一軒家

任意売却と競売はどう違う?

マイホームを購入するときに多くの人が契約を交わすものが住宅ローンになります。この住宅ローンを組むことによってマイホームを購入できるようになります。ただ、30年前後で住宅ローンを組むことになりますので、その間、仕事面やその他で何が起こるかわかりません。人によっては、リストラにあってしまって住宅ローンが支払えなくなることだってあります。そうなってしまったら、せっかく手に入れたマイホームそのものを手放すことになります。どういう方法が良いのかというと、福岡に住んでいるのであれば、任意売却という方法をとるのが良いでしょう。これで問題を解決することができます。それでは任意売却と競売にはどんな違いがあるのでしょう。まずとても大きな違いが出てくるのが価格面です。任意売却の場合は市場価格に近い金額で売られることになりますが、競売になってしまうと強制的なので市場価格の5~7割です。

積み木

任意売却のメリットとは

福岡で任意売却するなら、それなりに実績のある業者で地域密着のところに相談するようにします。なぜ、任意売却を利用するのが良いかというと、いろいろな面で競売にかけるよりもメリットを得ることができるからです。具体的な任意売却におけるメリットは、引っ越し代が捻出できる点、市場価格に近い金額で売ることができる点、残金が残る可能性があるところ等です。そして、手持ち金の持ち出しが一切ないことも大きなメリットと言えます。以上のことから任意売却によってマイホームを手放すのが良いでしょう。これならば、マイホームは手放すことにはなりますが、まだ今後の人生のことを考えたら傷が浅いと言えるでしょう。立ち直ることもできるでしょう。